さいたま市大宮区

さいたま市大宮区

税理士 対応エリア埼玉県  さいたま市岩槻区  さいたま市浦和区  さいたま市大宮区  さいたま市北区  さいたま市桜区  さいたま市中央区  さいたま市西区  さいたま市緑区  さいたま市南区  さいたま市見沼区  上 […]

Read More

埼玉格安

周辺地図税理士 対応エリア埼玉県  さいたま市岩槻区  さいたま市浦和区  さいたま市大宮区  さいたま市北区  さいたま市桜区  さいたま市中央区  さいたま市西区  さいたま市緑区  さいたま市南区  さいたま市見沼 […]

Read More

貸付金未収金

(貸付金債権の評価) (1) 貸付金、 売掛金、 未収入金、 預貯金以外の預け金、 仮払金、 その他これらに類するもの (以下「貸付金債権等」という。) の価額は、 元本の価額と利息の価額との合計額による。 (一) 貸付 […]

Read More

現金

相続開始日前後に 預金を引き出した場合の 現金の 漏れがないか注意する。 税理士 対応エリア埼玉県  さいたま市岩槻区  さいたま市浦和区  さいたま市大宮区  さいたま市北区  さいたま市桜区  さいたま市中央区  さ […]

Read More

家財

家庭用動産、農耕用動産、旅館用動産等で 一個又は一組の価額が5万円以下のものについては、 それぞれ一括して 一世帯等ごとに評価することができる。) (一般動産の評価) (2) 一般動産の価額は、原則として、 売買実例価額 […]

Read More

車など動産

一般動産 (評価単位) (1) 動産 「一般動産」という。)の価額は、 原則として、 一個又は一組ごとに評価する。 ただし、 家庭用動産、農耕用動産、旅館用動産等で 一個又は一組の価額が5万円以下のものについては、 それ […]

Read More

電話加入権

(電話加入権の評価) (一) 取引相場のある電話加入権の価額は、 課税時期における通常の取引価額に相当する金額によって評価する。 価額は 国税庁のHPに記載されている (二) (一)に掲げる電話加入権以外の電話加入権の価 […]

Read More

貸家の敷地

自用地の価額-(自用地の価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合) 借家権割合は原則として30% 借地権割合 A 90% B 80% C 70% D 60% E 50% F 40% G 30% 税理士 対応エリア埼玉県   […]

Read More

不整形地

 路線価方式により評価する宅地の価額は、 その宅地の面する路線に付された 路線価を基とし、 宅地の奥行距離に応じる 奥行価格補正、 側方路線影響加算、 二方路線影響加算、 三方路線影響加算 四方路線影響加算、 不整形地等 […]

Read More

同族会社の株式

取引相場のない株式の価額、 評価会社を 「大会社J、 「中会社J 「小会社Jの いずれに該当するかに応 じて評価する ただし、同族株主以外の株主等が 取得した株式又は特定の評価会社の株式の価額は、 たとえば少数株主の場合 […]

Read More

上場株式

上場株式の価額は、 金融商品取引所の公表する 課税時期の最終価格と、 課税時期の属する月 以前3か月間の 毎日の最終価格 の各月の平均額) のうち 最も低い価格とを比較し、 そのいずれか 低い方の価格によって評価 次の点 […]

Read More

国債

利付公社債 課税時期の最終価格+既経過利息の額x(1 – 0.2) *復興所得税が課税される場合には控除します 割引公社債 発行価額+ (券面額一発行価額)×(発行日から課税時期までの日数÷発行日から償還期限 […]

Read More

預金

(預貯金の評価)    課税時期における預入高と 同時期現在において解約するとした場合に 既経過利子の額として 支払を 受けることができる金額 (以下「既経過利子の額」という。) から 源泉徴収されるべき所得税等 及び道 […]

Read More

貸家

貸家の価額は 家屋の価額(A)ー(A)X借家権割合×賃貸割合 借家権割合は原則として30% 税理士 対応エリア埼玉県  さいたま市岩槻区  さいたま市浦和区  さいたま市大宮区  さいたま市北区  さいたま市桜区  さい […]

Read More

自宅

原則として一棟の家屋ごとに評価 家屋の固定資産税評価額で評価 建築中の場合には費用現価の70%で評価 家屋と構造上一体となっている設備 家屋の所有者が有する 電気設備 (ネオンサイン、投光器、スポットライト、電話機、電話 […]

Read More

未支給年金

国税庁HPより、転載、加工 未支給の国民年金に係る相続税の課税関係 【照会要旨】  老齢基礎年金(国民年金)の給付の受給権者が死亡した場合に、 その死亡した者に支給すべき年金給付で まだその者に支給されていない年金がある […]

Read More

生命保険

保険会社の生命保険金 かんぽ生命などの生命保険金 農協などの生命共済金 などで ①被相続人が、保険料を負担した部分 は相続税の課税対象です 上記①以外で 受取人が保険料を負担した 部分は一時所得になります 上記①以外で […]

Read More

車、電話、家財

一般動産 (1) 動産 「一般動産」という。)の価額は、 原則として、 一個又は一組ごとに評価する。 ただし、 家庭用動産、農耕用動産、旅館用動産等で 一個又は一組の価額が5万円以下のものについては、 それぞれ一括して […]

Read More

株式 有価証券

上場株式 の価額は、 金融商品取引所の公表する 課税時期の最終価格と、 課税時期の属する月 以前3か月間の 毎日の最終価格 の各月の平均額) のうち 最も低い価格とを比較し、 そのいずれか 低い方の価格によって評価 次の […]

Read More

預金、金融資産の評価

(預貯金の評価)    課税時期における預入高と 同時期現在において解約するとした場合に 既経過利子の額として 支払を 受けることができる金額 (以下「既経過利子の額」という。) から 源泉徴収されるべき所得税等 及び道 […]

Read More