簡易課税,納税免除を適用できない場合

簡易課税,納税免除を適用できない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

取得の年に一般課税方式を採用している場合で

取得の事業年度から3年間は一般課税方式によらなければ
ならない場合

課税事業者を選択した事業年度に
調整対象固定資産

(税抜価額)が100万円以上のもの)
を取得した場合


高額特定資産

(税抜価額)が1,000万円以上の

棚卸資産または調整対象固定資
産)を取得した場合

軽減税率の対象

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒類を除く飲食料品(外食は含まれない)

週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

給与と外注費

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和5年10月1日以後

 適格請求書発行事業者の

登録を受けていない場合

は,

給与でも

外注費でも 仕入税額控除の対象とはならない が

『事業者とは

  自己の計算において

  独立して事業を行う者をいう』 とあり

適格請求書発行事業者に支払った

業務の対価金額は

外注費として

仕入税額控除 できる

と考えられます。

建設業の免税事業者

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和5年10月1日以後

適用される

適格請求書等保存方式においては

適格請求書発行事業者として

登録した者のみが,

適格請求書を

発行することができるようになります。

そして

仕入税額控除の要件として

適格請求書発行事業者が発行した

適格請求書の保存が

求められるようになるからです。

建設業,設備工事業,運送などでは

事業主1人のみで

の免税事業者である事業者も 多いですが

適格請求書等保存方式の導入後は

免税事業者からの

課税仕入れは

仕入税額控除の対象となりません。

免税事業者からの課税仕入れは

仕入税額控除の対象外であるため

対応を要されます。

製造品目の中に「飲食料品」に該当するものがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽減税率への対応が必要

電気・ガス料金等

このエントリーをはてなブックマークに追加

契約に基づく

電気・ガス・水道・電話 などの料金は

10月31日までの検針

によって料金が
確定するものは、
8%の税率が適用されます。

請求書で確認しましょう

3月31日以前に契約された請負契約

このエントリーをはてなブックマークに追加

工事の
請負等の税率等に関する

経過措置の適用の有無を検討する必要があ
ります

2019/3月31日以前に契約された請負契約は

経過措置の8%の税率が適用

調整対象固定資産

このエントリーをはてなブックマークに追加

   建物,構築物,機械装置,車両運搬具,
工具,器具備品など,
 無形固定資産
繰延資産
特許権
 権利金など
   一取引単位の
税抜き価額が
100万円以上

付随費用は含まない

資本的支出は含む

   
   共有物については
各人の持分で100万円の判定
180万/2=90<100
   
       

調整対象固定資産を取得した場合

 ①-③の期間中に 取得日の属する課税期間の初日
から3年を経過する日の属する課税期間
までの間は
本則課税が適用  
   
   ① 「課税事業者選択届出書」を提出
した場合の強制適用期間中
② (資本金1,000万円以上の)
新設法人の
基準期間がない事業年度中
③ 特定新規設立法人の
基準期間がな
い事業年度中
   
       
       

課税売上割合

このエントリーをはてなブックマークに追加
分子   課税売上高(税抜)+免税売上高  非課税売上高  
 分母  課税売上高(税抜)+免税売上高+非課税売上高  有価証券,
(貸付金.売掛金等を含む)
の譲渡対価×5%を非課税売上
に加算
 
     合名会社などの持分
協同組合等の組合員持分
全額
非課税売上に加算
 
     信販会社に対する譲渡対価を
非課税売上に
計上する必要はない
 
     紙幣,
小切手,
手形,
電子マネー
仮想通貨の譲渡
は非課税であるが
課税売上割合の計算には関係させな
 

課税売上割合が著しく

このエントリーをはてなブックマークに追加
 課税売上割合が著しく
増加
した場合
     
 変動率=
(通算課税売上割合−仕入れ等の課税期間の課税売上割合)
/仕入れ等の課税期間の課税売上割合
     
 変動差=通算課税売上割合−仕入れ等の課税期間の課税売上割合      
       

CIF価格

このエントリーをはてなブックマークに追加

 CIF価格

   
 貨物の調達価格+港までの運賃保険料+出航後の船便の運賃,保険      
  FOB価格+出航後の船便の運賃,保険      
       

 FOB価格

 FREE ON BOARD     
 貨物の調達価格+港までの運賃保険料  輸出する者が,保険料や運賃など,船に積
み込むまでの費用を負担
   
   その後
はFREEになる
   
       

個別対応方式を適用する場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ① 課税売上対応分  支出項目から課税仕入れ等の金額をピッ
クアップ
 課税売上
高と紐付き
 
 ② 共通対応分  ①②以外 一般管理費のうち課税売上
高と直接関係ないもの
   
 ③ 非課税売上  非課税仕入れ
免税
課税対象外
   
       

(課税売上割合が100%)である場合でも,課税仕入れがすべて課税売上対応分に区分されるわけではない

 ⑴ 個別対応方式
課税売上対応分の税額+共通対応分の税額×100%=仕入控除税額
     
 一括比例配分方式
課税仕入れ等の税額の合計額×100%=仕入控除税額
     
       
       

個別対応方式により仕入控除税額を計算する場合には,
その課税期間中において行った
個々の課税仕入れ等について,必ず,課税売上対応分,非課税売上対応分及び共通対応分
に区分する必要があり,この用途区分は,原則として課税仕入れ等を行った日の状況によ
り,個々の課税仕入れ等ごとに行う必要があります(基通11-2-18,基通11-2-20)。

預金利子を得るためにのみ必要となる課税仕入れ等はな い場合,
例えば,
総務,経理部門等における事務費など,
課税売上対応分として特定
されない課税仕入れ等については,
共通対応分として区分することとなります

貸店舗を建築する目的で
土地を購入し,仲
介手数料を支払った場合には,
その仲介手数
料は課税売上対応分に区分することができま

貸店舗か住宅かの
用途区分の判定は,課税仕入れ等を行った
日の状況によることが原則

課税仕入れ等を行った日におい
ては用途が未確定の場合において,
その課税期間の末日までに
用途が明らかにされた
場合には,
その課税期間末の状況により区
分する


課税資産の譲渡等と
その他の資産の譲
渡等に
共通して要するものに該当する
課税仕入れ等であっても,
例えば,
原材料,
包装材料,
倉庫料,
電力料等のように
生産実績その他の合理的な基準により課税
資産の譲渡等にのみ要するものと
その他
の資産の譲渡等にのみ要するものとに区
分することが可能なものについて
当該合
理的な基準により区分している場合には,
当該区分したところにより
個別対応方式
を適用することとして差し支えない。

土地と建物の時価の比率など
特殊な実情に則した
仕入控除税額の計算を行う必要がある場合
には,
事前に課税売上割合に準ずる割合
の承認を受ける必要がある

建設工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

建設工事が未完成で,売上げが計上
されていなくても
材料費,外注費などは,
課税仕入れをしたと
きに,仕入税額控除できる

業者との請負契約によ
り,工事を外注に出し
たような場合には,
その下請工事が完了し
引き渡しを受けたときが
課税仕入れの時期となる


出来高検収書により検収
,支払をしているような場合
下記の出来高検収書の保存を条件に,その検収書,請求書の時期により仕入税額控除ができる
① 請求書等の記載要件を満たす出来高検収書であること
② 下請業者の確認を受けたものであること

課税売上割合

このエントリーをはてなブックマークに追加
分子   課税売上高(税抜)+免税売上高  非課税売上高  
 分母  課税売上高(税抜)+免税売上高+非課税売上高  有価証券,
(貸付金.売掛金等を含む)
の譲渡対価×5%を非課税売上
に加算
 
     合名会社などの持分
協同組合等の組合員持分
全額
非課税売上に加算
 
     信販会社に対する譲渡対価を
非課税売上に
計上する必要はない
 
     紙幣,
小切手,
手形,
電子マネー
仮想通貨の譲渡
は非課税であるが
課税売上割合の計算には関係させな
 

信販会社の手数料

このエントリーをはてなブックマークに追加

信販会社の手数料(債権売却損)
課税仕入れとはならない

信販会社に対する譲渡対価を非課税売上に計上する必要はない

棚卸資産の調整

このエントリーをはてなブックマークに追加

 免税事業者が
課税事業者
になった場合
  期首に存在する
棚卸資産について,
課税事業者になった事業年度で
仕入税額控除ができる
   
       
 課税事業者が
免税事業者に
なった場合
 期末棚卸資産のうち,

その免税期間中に
仕入れたものについては
仕入税額
控除ができない

   
       

カード取引

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕入税額控除のためには
カード明細ではなく
具体的内容が記載された,
利用明細の保存が必要
信販会社の手数料(債権売却損)は
課税仕入れとはならない
信販会社に対する譲渡対価を
非課税売上に計上する必要はない

給与等から控除される社会保険料等

このエントリーをはてなブックマークに追加

給与等の支払の際控除される第七十四条第二項()に規定する社会保険料又は第七十五条第二項()に規定する小規模企業共済等掛金がある場合には、第百八十五条()又は第百八十六条()の規定の適用については、その給与等の金額に相当する金額から当該社会保険料の金額と当該小規模企業共済等掛金の額との合計額を控除した残額に相当する金額の給与等の支払があつたものとみなし、その残額がないときは、その給与等の支払がなかつたものとみなす

退職金

このエントリーをはてなブックマークに追加

 被相続人の死亡によって取得した
被相続人に支給されるべきであった

退職手当金、功労金 その他
これに準ずる給与

(政令で定める給付を含みます。)で、

被相続人の
死亡後
3年以内
支給額が確定したものについては、

実際に支給される時期が、
被相続人の死亡後3年以内であるかどうかを問わず

その支給を受ける者が
相続又は遺贈によって取得したものとみなされ
て相続税が課税されます。

 支給されることが確定していても、
金額が確定していないものについては、
「支給が確定したもの
」には
該当しません

被相続人が受けるべきであった
賞与の額が
被相続人の死亡後確定したもの、
及び
相続開始の
時において
支給期の到来していない
俸給、給料等は、
「退職手当金等」に該当せず、
本来の相続財産に
属します

死亡後支給額が確定した退職手当金等
 被相続人の生前退職による退職手当金等であっても、
その支給されるべき金額が、
被相続人の死亡前に確定しなかったもので、
被相続人の死亡後3年以内に確定したものについては、
みなし相続財産
である退職手当金等に該当することとなります

未収退職金
被相続人の生前退職による退職手当金等で、
その支給されるべき金額が、
被相続人の死亡前に確定したもので、

退職金の支払いが死亡後になった場合には、
未収退職金として本来の相続財産
となり
生命保険金の非課税の
適用はないと思われます。


「被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したもの」

とは、
被相続人に支給されるべきであった退職手当金等の
額が被相続人の死亡後3年以内に確定したものをいい
実際に支給される時期
被相続人の死亡後3年以内であるかどうかを問いません。
また支給されることは確定していても
その額が確定しないものについては、
支給が確定したものには該当しません。

なお、被相続人の
死亡後3年経過後に支給の確定した退職手当金等は、
遺族の一時所得として所得税が課税されます

 

 雇用主が保険料を負担している場合の生命保険金等
 雇用主が
従業員又は役員のために、
その者などを
被保険者とする
生命保険契約
又は損害保険契約の
保険料の
全部又は
一部を負担している場合、

その従業員又は役員が死亡したことにより
会社が受取保険金を
その相続人に対し
死亡退職金として支払った場合には、
その保険金は、
「退職手当金」としてみなし相続
財産となります

退職年金の継続受取人が取得する権利

 退職年金を受けている者の死亡により、
その相続人などが
年金を継続して受けることとなった場合
(一時金を含みます。)は、

その年金の受給に関する権利は、
その継続受取人となった者が
相続又は遺贈により取得したものとみなされます


弔慰金等の取扱い

明らかに退職手当金等と認められるものを除き、
次に掲げる金額を
弔慰金等として非課税とし

当該金額を超える部分の金額がある時は、
その超える部分に相当する金額は退職手当金等として扱います

① 被相続人の死亡が業務上の死亡であるときは、
その雇用主等から受ける弔慰金等のうち、
被相続人の死亡時における賞与以外の
普通給与の3年分に相当する金額

② 被相続人の死亡が業務上の死亡でないときは、
その雇用主等から受ける弔慰金等のうち、
被相続人の死亡当時における賞与以外の
普通給与の半年分に相当する金額

 上記の「業務」とは、その被相続人に遂行すべきものとして割り当てられた仕事をいい、
「業務上の死亡」とは、
直接業務に起因する死亡又は業務と相当因果関係がある死亡をいいます

軽減税率

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽減税率

① 飲食料品(人の飲用又は食用)の譲渡8%

食品表示法に規定する食品,テイクアウト,持ち帰り,出前,宅配,飲食店のお土産,テイクアウトしますと告げる,貼り紙による対応で,申し出のないものについて原則軽減税率で販売8%

(酒類)10%


(外食,ケータリング・出張料理等,医薬品,店内飲食,コンビニ等のイートインコーナーでの飲食)店内で 食べますと告げる 10%

① 飲食設備(テーブル、椅子、カウンター等の飲食に用いられる設備)のある場所において
② 顧客に飲食させるサービス10%


② 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡8%

10万円未満の判定

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常1単位として取引されるその単位、例えば、

機械及び装置については1台又は1基ごとに、

工具、器具及び備品については1個、1組又は1そろいごとに判定し、

構築物のうち例えば枕木、電柱等単体では機能を発揮できないものについては一の工事等ごとに判定する。

取得価額が10万円未満の資産は、

事業の用に供した日の属する事業年度において損金算入可能

]]>

加工賃4種

このエントリーをはてなブックマークに追加

(加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供の意義)

13‐2‐7 令第57条第5項第3号《事業の種類》に規定する
「加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供」とは、
13‐2‐4本文の規定により判定した結果、
製造業等
に該当することとなる事
業に係るもののうち、
対価たる料金の名称のいかんを問わず、
他の者の原料若しくは材料又は製品等に
加工等を施して、
当該加工等の対価を受領する

役務の提供又はこれに類する役務の提供をいう。
 なお、当該役務の提供を行う事業は第四種事業に該当することとする。

(注) 13‐2‐4により判定した結果が
サービス業等に該当することとなる事業に係るものは、
加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業であっても
第五種事業に該当する

(第四種事業に該当する事業)

13‐2‐8の3 令第57条第5項第6号《第四種事業の種類》に規定する
第四種事業には、例えば、同項第3号《第三種事業の種類》の規定により
第三種事業から除かれる
加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業
及び同項第4号《第五種事業の種類》の規定により
第五種事業のサービス業から除かれる
飲食店業に該当する事業が含まれることとなる

(廃材(品)、加工くず等の売却収入の事業区分)

13‐2‐8 第三種事業に該当する建設業、製造業等に係る事業に伴い生じた加工くず、副産物等の譲渡を行う事業は、
第三種事業に該当するのであるから留意する。
 
なお、第一種事業又は第二種事業から生じた段ボール等の不要物品等(当該事業者が事業の用に供していた固定資産等を除く。以下13‐2‐8において「不要物品等」という。)の譲渡を行う事業は、
第四種事業に該当するのであるが、
当該事業者が当該不要物品等が生じた事業区分に属するものとして処理しているときには、これを認める。

(固定資産等の売却収入の事業区分)

13‐2‐9 事業者が自己において使用していた固定資産等の譲渡を行う事業は、第四種事業に該当するのであるから留意する。


飲料の容器や お歳暮の箱代

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲料の容器や

お歳暮の箱代のような

飲食料品の容器代等の

取扱いについては

以下の通りとなる。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

容器代を

 

別途受領しない場合

 

 

容器代を

 

別途受領する場合

 

 

食器や

 

装飾品として

 

再利用できる容器

 

 

一体資産の

 

判定をして

 

判断する

 

 

 

 

 

 

標準税率

 

 

ペットボトル等の

 

使い捨て容器

 

 

軽減税率

 

 

 

一体資産とは、

このエントリーをはてなブックマークに追加

一体資産とは、

飲食料品と

飲食料品以外の資産の

セット商品をいう。

 

例としては

・食玩

・景品付き飲食料品

があげられる。

 

一体資産は、

飲食料品に該当せず、

原則、

販売価格の全額について、

標準税率が適用される。

 

しかし、

以下の要件を満たす

一体資産については、

販売価格全体に

軽減税率の適用が認められる。

 

セット商品の税抜販売価額が

1万円以下であり、

合理的に計算した

食品の価額の割合が

2/3以上の

一体資産

 

基本的にはこの要件を

満たす必要があるが、

食玩等については、

卸売業者や小売業者は

その商品の原価構成が

把握できないものとなる。

 

そこで、

食品の価額の割合が

合理的に計算できない

一体資産の場合は、

仕入商品に

軽減税率が適用されており、

税抜販売価格が1万円以下であれば、

売上商品について

軽減税率が適用できる。

 

委託販売において、 受託者

このエントリーをはてなブックマークに追加

委託販売において、

受託者は

純額処理が原則とされ、

例外的に

両建処理が認められている。

 

しかし、

取扱商品が

軽減税率対象資産の場合は、

例外の両建処理は

認められないので、

注意する必要がある。

 

 

国際電子商取引

このエントリーをはてなブックマークに追加

国際電子商取引 

リバースチャージになると考えられるので、

意外と身近な取引といえよう。

 

リバースチャージは、

売上げと仕入れを

両建てにしていく。


課税売上割合が

95%未満になった状態で、

必ず両建てにする必要がある。

軽減税率の適用対象となる  新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【適用税率の判断に迷う

 

新聞の例】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準税率(10%)が

 

適用されるもの

 

 

軽減税率(8%)が

 

適用されるもの

 

 

新聞の譲渡

 

 

・駅・コンビニエンスストア

 

等で販売するもの

 

・電子新聞(役務の提供)

 

・週1回しか発行されないもの

 

 

・定期購読契約がされた

 

週2回以上

 

配達する

 

スポーツ新聞や

 

業界紙など

 

 

 

 

 

 

『定期購読契約がされた

 

週2回以上

 

配達する新聞』

 

のみが、

 

軽減税率の適用対象

 

となる。

 

 

 

そのため、

 

一般日刊新聞でも

 

・駅

 

・コンビニエンスストア

 

等で販売するものは、

 

標準税率が適用される。

 

 

 

電子新聞に関しても、

 

役務の提供であるので、

 

標準税率が適用される。

 

 

 

また、

 

新聞販売店は、

 

新聞を仕入れて売るので

 

本社から10%で仕入れた新聞を

 

8%で売ることになる。

 

 

 

たとえば、 飲食設備があり、 店内で寿司を製造する 寿司屋の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

適用税率の判定と、

簡易課税の事業区分判定で、

ややこしいものがある。

 

たとえば、

飲食設備があり、

店内で寿司を製造する

寿司屋の場合、このようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売方法

 

 

適用税率

 

 

簡易課税の事業区分

 

 

店内で寿司を提供

 

 

標準税率

 

 

第四種

 

 

寿司の持ち帰り販売

 

 

軽減税率

 

 

第三種

 

 

寿司の宅配サービス

 

 

軽減税率

 

 

第四種

 

 

このようになるのは、

宅配サービスに関して、

適用税率の判定における考え方と、

簡易課税の事業区分の判定における考え方とで、

異なるからである。

 

簡易課税の事業区分の判定において、

宅配サービスは、

本来店に来て食べてもらうものを、

店内飲食の延長として、

宅配するものと見るため、

簡易課税の事業区分は、

第四種とされる。

 

ところが、

適用税率の判定においては、

宅配サービスは、

持ち帰りの延長サービスとして

宅配するものと見るため、

軽減税率が適用されるのである。

 

ちなみに、

飲食設備がなく、

宅配と持ち帰りでのみ販売している

寿司屋においては、

宅配サービスは、

店内飲食の延長として

宅配するものとならず、

製造小売業とされ、

この場合の簡易課税の事業区分は、

第三種でよい。

【適用税率の判断に迷うものの例】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【適用税率の判断に迷うものの例】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準税率(10%)が

 

適用されるもの

 

 

軽減税率(8%)が

 

適用されるもの

 

 

飲食料品の譲渡

 

 

・アルコール度数1度以上の

 

(酒税法に規定する)酒類

 

・医薬品

 

・医薬部外品

 

・工業用原材料として

 

 取引される塩

 

・掃除用の重曹

 

・観賞用・栽培用植物

 

・外食

 

 

・みりん風調味料

 

 

 

 

 

 

 

・食用として

 

取引される塩

 

・料理用添加物としての重曹

 

・食用の植物

 

 

定期購読契約がされた

 

宅配新聞の譲渡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食料品でも、

 

『清涼飲料水』の栄養ドリンクは、

 

軽減税率の適用対象だが、

 

『医薬部外品』の栄養ドリンクは、

 

標準税率が適用される。

 

 

 

同様に、

 

のど飴等も

 

軽減税率の適用対象商品と、

 

標準税率となる商品があるので、

 

注意して見ていく必要がある。

 

 

 

なお、

 

飲食料品かどうかの判断基準は、

 

買い手の用途ではなく、

 

売り方で決定される。

 

 

 

したがって、

 

塩や重曹は、

 

食用・料理用として

 

販売・取引されれば

 

軽減税率の適用対象である。

 

 

 

工業用・清掃用等、

 

食用品としてではなく

 

販売・取引されたものは、

 

標準税率が適用される

 

ということになる。

 

 

 

軽減税率の適用対象と

 

認められるには、

 

食品表示法に規定される

 

『表示』を

 

しっかり行う必要がある

 

と考えられる。

 

 





軽減税率の適用対象取引は、

・飲食料品の譲渡

・定期購読契約がされた宅配新聞の譲渡

になっている。

 

飲食料品の範囲については、

食品表示法の中に、

食品表示基準という別表があり、

ここに飲食料品とは何かと列挙してあるので、

これにしたがって判断することになる。

 

ただ、飲食料品のようなものでも、

標準税率になるものや、

食品表示基準に載っていても、

標準税率になるものがあるので、

気を付けて見ていく必要がある。

 

軽減税率の対象外である

酒類についても、

酒税法に規定されているので、

基本的に、

これにしたがって

判断していくことになる。

 

軽減税率制度 [軽減税率対象取引の範囲と適用税率]

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽減税率の適用対象取引は、

・飲食料品の譲渡

・定期購読契約がされた宅配新聞の譲渡

になっている。

 

飲食料品の範囲については、

食品表示法の中に、

食品表示基準という別表があり、

ここに飲食料品とは何かと列挙してあるので、

これにしたがって判断することになる。

 

ただ、飲食料品のようなものでも、

標準税率になるものや、

食品表示基準に載っていても、

標準税率になるものがあるので、

気を付けて見ていく必要がある。

 

軽減税率の対象外である

酒類についても、

酒税法に規定されているので、

基本的に、

これにしたがって

判断していくことになる。

 

免税事業者は この6年間のうちに, 取引先と交渉していく必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

課税事業者選択届出書を提出して,

利益が減るのを覚悟で

インボイスが発給できるようにする

 

  • 贈与税が非課税の生活費
  •  

  • 負担付贈与は思わぬ税金がかかる?
  •  

  • 相続開始前3年以内の贈与の税務調査
  •  

  • 土地の評価単位事例

  • ② 免税事業者はインボイスが発給できない。 取引先としては,インボイスが発給できない小規模事業者からは,物を買わない,取引しなくなる事態が考えられる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

     免税事業者はインボイスが発給できない。

    取引先としては,インボイスが発給できない小規模事業者からは,物を買わない,取引しなくなる事態が考えられる。

    このことで,小規模事業者が取引から除外されてしまうと考えられる。


     

  • 贈与税が非課税の生活費
  •  

  • 負担付贈与は思わぬ税金がかかる?
  •  

  • 相続開始前3年以内の贈与の税務調査
  •  

  • 土地の評価単位事例
  • 大きく変わるのが仕入税額の計算である。 2023年10月からは インボイスの保存 2023年10月からは 仕入税額は 積上計算が原則となってくる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    大きく変わるのが仕入税額の計算である。

    202310月からは

    インボイスの保存が絶対条件になる。

    インボイスには

    相手が負担する税額が書いてあるので,

    202310月からは

    仕入税額は

    積上計算が原則となってくる。

     


     

  • 贈与税が非課税の生活費
  •  

  • 負担付贈与は思わぬ税金がかかる?
  •  

  • 相続開始前3年以内の贈与の税務調査
  •  

  • 土地の評価単位事例
  • 控除要件について。 2019年10月から 2023年9月までの 4年間は, 区分記載請求書等保存方式で,

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    免税事業者も, 8%,10%に区分けした 領収書・請求書を出さなければいけない

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    免税事業者も,

    8%,10%に区分けした

    領収書・請求書を出さなければいけない。

     

    よって,

    全事業所にかかわる改正となっている。

     

    教育,準備,

    これを早めに始めないと間に合わない。



     

     

  • 贈与税が非課税の生活費
  •  

  • 負担付贈与は思わぬ税金がかかる?
  •  

  • 相続開始前3年以内の贈与の税務調査
  •  

  • 土地の評価単位事例
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *